By ERAN PELED Bitrue取引所は、OrbsネットワークのネイティブトークンであるORBSの取扱いを正式に発表しました。 Bitrueは、CoinMarketCapで32位にランクされ、24時間の取引量が20億ドルを超える先進的な暗号資産管理プラットフォームです。 Bitrueは、500以上の取扱いトークンを有する高速で安全かつセキュアな暗号資産取引所で、ユーザーに次のようなメリットを提供します。 安心のセキュリティ:最先端のセキュリティ対策で、ユーザーの資産を常に安全に保護 入出金の合理化:Bitrue取引所への入出金は、迅速かつ簡単 技術的な安定性:業界をリードする技術により安定した取引環境を実現 さらに、Bitrueはワンストップ取引プラットフォームであり、ユーザーはレバレッジドETF、ローン、ステーキングなど、他にも金融サービスにアクセスすることができます。 OrbsのBitrueでの取扱い開始は、 FTX、 KuCoin、Gate.io、Latoken、Coinsbit、P2PB2B、Bibox、Indodaxなど、ORBSトークンのティア1取引所への一連の上場に続くものです。さらに、Orbsは、Ethereum、BNB Chain、Polygon、Avalanche、Solana、Harmony、Cronosを含む7つの主要DeFiチェーンを含む、すべての主要なDEXでも利用可能です。主要なDEXには、特にUniswap、Sushi、Quickswap、Spookyswap、TraderJoeなどが含まれます。

Bitrue取引所にOrbsトークン(ORBS)がリストされました
Bitrue取引所にOrbsトークン(ORBS)がリストされました

By ERAN PELED

Bitrue取引所は、OrbsネットワークのネイティブトークンであるORBSの取扱いを正式に発表しました。

Bitrueは、CoinMarketCapで32位にランクされ、24時間の取引量が20億ドルを超える先進的な暗号資産管理プラットフォームです。

Bitrueは、500以上の取扱いトークンを有する高速で安全かつセキュアな暗号資産取引所で、ユーザーに次のようなメリットを提供します。

  • 安心のセキュリティ:最先端のセキュリティ対策で、ユーザーの資産を常に安全に保護
  • 入出金の合理化:Bitrue取引所への入出金は、迅速かつ簡単
  • 技術的な安定性:業界をリードする技術により安定した取引環境を実現

さらに、Bitrueはワンストップ取引プラットフォームであり、ユーザーはレバレッジドETF、ローン、ステーキングなど、他にも金融サービスにアクセスすることができます。

OrbsのBitrueでの取扱い開始は、 FTXKuCoin、Gate.io、Latoken、Coinsbit、P2PB2B、Bibox、Indodaxなど、ORBSトークンのティア1取引所への一連の上場に続くものです。さらに、Orbsは、Ethereum、BNB Chain、Polygon、Avalanche、Solana、Harmony、Cronosを含む7つの主要DeFiチェーンを含む、すべての主要なDEXでも利用可能です。主要なDEXには、特にUniswap、Sushi、Quickswap、Spookyswap、TraderJoeなどが含まれます。

Bitrueについて

2018年7月に開設されたBitrueは、取引やローン、投資に対応した多様な暗号資産取引所です。

Bitrueは、ブロックチェーン技術を活用し、場所や経済的な立場に関係なく、すべての人に金融の機会をもたらすことを目指しています。世界中にオフィスを構え、新しい波に対応するために新機能の開発を急ピッチで続けています。

世界中にオフィスを持ち、デジタル経済の新しい波を完全にサポートするために、速いスピードで新機能を開発し続けています。詳細については、www.bitrue.com をご覧ください。

Orbsについて

Orbsは、Proof-of-Stake(PoS)コンセンサスを活用した、オープンなブリックブロックチェーンインフラストラクチャです。パーミションレス・バリデータにより、ネットワークの安全と分散化が実現できています。

Orbsは、ブロックチェーンの流動性を別のチェーンに移すことなく、階層型ブロックチェーン・スタックの一部として、既存のL1/L2ソリューションと、アプリケーション・レイヤーの間で動作する独立した分散型実行レイヤーとして位置付けられます。

いわゆる「分散型バックエンド」として機能し、既存のスマートコントラクトの機能を強化し、Web 3.0、DeFi、NFT、およびGameFiにまったく新しい可能性を開きます。

2017年に設立され、2019年3月にメインネットとトークンをローンチしました。30人以上の専門チームによって開発されており、テルアビブ、ロンドン、シンガポール、東京、ソウルにオフィスを構えています。
詳細については、www.orbs.com、または、以下のコミュニティにご参加ください。

Orbs日本語SNS:https://linktr.ee/OrbsJapan

--

--

by YUVAL AVIGUY

ここ数ヶ月、OrbsプロジェクトはOrbs 3.0の展開で非常にエキサイティングな日々を過ごしています。

Orbs 3.0は2つの大きなプロトコル・アップグレードを導入しており、これらはすでにOrbsネットワーク上で稼動しています。

  • PoS V3:OrbsネットワークのProof-of-Stakeメカニズム、EthereumとPolygon上のマルチチェーン・ステーキングを利用することでネットワークをパワーアップ。
  • レイヤー3:Orbsの価値提案 — 既存のEVMベースのL1およびL2上に別のレイヤーとして機能し、スマートコントラクトとDeFiアプリケーションの機能を強化します。

上記ネットワークのアップグレードは、すでにOrbsネットワーク・ステータスのページに反映されていることにお気づきの方もいらっしゃると思います。

http://status.orbs.network/

もし、まだご覧いただいていないようでしいたら、こちらよりぜひチェックしてみてくださいね!

ここから先は、リニューアルされたOrbsステータス・ページの概要をご紹介します。

EthereumとPolygonでのマルチチェーン・ステーキング

2022年3月現在、Orbsネットワークはデリゲータとガーディアンのために、EthereumだけでなくPolygonネットワークでのステーキングをサポートしています。

Polygonでのステーキングは、V2のローンチ後にコミュニティから寄せられた重要なフィードバック項目の1つ、ガス代急騰の結果として、OrbsのデリゲータがEthereumで高い手数料を払うことに対処したものです。ローンチ以来、Polygonステーキングはコミュニティから非常に高い評価を得ており、Orbsトークン・ホルダのOrbs PoSへの参入を後押ししています。

ステータス・ページでは、Orbs PoSの主要なパラメータとOrbsガーディアンのノードの適切な運用を監視しています。

以下に主要なものを紹介します。

--

--

by Eran Peled

SpookySwapユーザーは、ORBS-USDCプールでBOOトークンのファーミングと、SpookySwapのシングル・ステイク機能でORBSトークンを獲得できるようになりました!

先日Orbsトークンをプラットフォームに追加した後、SpookySwapは現在、$ORBSのファーミングとシングル・ステークを開始しています。ユーザーは、ORBS-USDCプールに流動性を提供することによって、SpookySwapのネイティブ・トークンであるBOOをファーミングし、ORBSトークンを獲得するためにステーキングができるようになりました。

Fantomネットワーク最大のDEX-AMMであるSpookySwapによるORBSファーミングとステーキングの開始は、Fantomの新しい市場参加者にOrbsトークンの認知度を強固にするもう一つの重要なステップとなります。

SpookySwapでOrbsのファーミングとステーキングに参加するために、FantomネットワークへORBSをブリッジする方法については、詳細ブログを是非ご覧ください。

Spookyを使ってみよう

SpookySwapのOrbsファーミングとシングルステーク・プールへの参加は、非常に直感的でユーザーフレンドリーです。全体では、以下のような流れになります。

➡️ BOOトークンを購入/ファームする

➡️ xBOO/バイバックプールにBOOをステークし、受取票としてxBOOを受け取る

➡️ Orbsのシングルステーク・プールにxBOOをステークし、ORBSトークンを獲得する

もう少し詳しく見ていきましょう。

Orbs 流動性ファーミング

Orbsトークン・ホルダは、Spooky上のORBS-USDCプールに流動性を追加することでBOOトークンを獲得することができます。流動性を追加することで、プールの所有権を表すspLP (Spooky Liquidity Pair) トークンを受け取ることができます。

その後、ユーザーはspLPトークンをOrbsファームに預け、流動性マイニングに参加し、BOO報酬を獲得することができます。

--

--

by Mayo Hotta

CROSSTECHが、Orbs Proof of Stakeに新しいガーディアンとして参加したことをお知らせします!

CROSSTECHは、ETH、ADA、SOL、ATOM、AVAX、IOST、IOTXなどのPoSネットワークのノードを複数運用する、特にアジアで人気のあるプロジェクトです。今回ORBSにも「Tbonestaking」というユニークなガーディアン名で参加しました。

CROSSTECHは、世界最大のブロックチェーン・インフラ・プロジェクトを統合することを目指し、CROSS Value Chainと呼ばれるエコシステムを構築しています。

CROSS Value Chainの開発に加え、CROSSTECHは他のブロックチェーン関連システムの開発、取引所等への技術提供も行っています。現在、CROSSTECHはドバイに拠点を置いています。

CROSSTECHは、NFTやメタバースなどブロックチェーン関連分野のU/IUXを中心に企画・開発を行い、世界中の企業や大学の研究室と連携し、着実にエコシステムを拡大しています。

CROSSTECHをOrbsコミュニティに迎えることができ、大変嬉しく思います!

CROSSTECH公式サイト: https://cross.technology/

CROSSTECHより紹介を兼ねて、Orbsプロジェクトとの関わりについて、私たちの質問に快く答えてくださいました。

Q1: Orbsについてどのようにお知りになりましたか?

私たちは数年前にOrbsのことを知りました。現在、50以上のEthereum Virtual Machines (EVM) L1 + L2プロジェクトがありますが、Orbsが自身をLayer 3と位置づけていることは、私たちにとって興味深く、斬新なコンセプトだと感じています。

Q2:OrbsのL3事業戦略について、どのようにお考えでしょうか?

Orbsプロジェクトとの関わりでは、既存のEVMエコシステムにおけるプロジェクトと連携し、それに付加価値を与えるアプリケーションをサポートするプロセスの一部となることに注力しています。EVMブロックチェーンとの相互運用性を考慮して設計されたOrbs独自の機能と、ノードの分散ネットワークにより、EVMスマートコントラクトの機能強化に取り組む独立したL3実行層として構成することが可能です。階層型ブロックチェーン・スタックの一部として他のレイヤー1および2のソリューションと連携し、DeFi、NFT、Metaverse、GameFiとより複雑でダイナミックなアプローチを提供できるため、今後の開発の一端を担えることを楽しみにしております。

Q3:ガーディアンとして、どのようにコミュニティを盛り上げていきますか?

Orbsデリゲータが、ORBSトークンを簡単にステークでき、最高レベルのORBSステーク報酬を受け取れる環境を提供することで、Orbsコミュニティの盛り上がりに貢献したいと考えています。

CROSSTECHが技術提供しているUltorexでは、CROSSTECHが運営しているガーディアンノード(Tbonestaking)と連携し、ORBSのステーキングを簡単に行えるサービスを提供しています。Tetraウォレットからステーキングする手間や、コストのかかるPolygonチェーンへのブリッジなどは不要です!全てUltotexにおまかせでステーキング・リワードを得ることができます。

また、Ultotexでは世界で唯一PolygonチェーンのORBSステーキングにおける自動複利のON-OFFスイッチがあり、独自のサービスでより多くのカスタマーニーズに対応しています。さらに現在、Ultorex経由でステーキングされた場合、本来はガーディアンノードが運営費として頂く報酬の50%を、ステーキング量の多い上位10名のホルダーにステーキング量に応じてプレゼントしています。ぜひご利用ください!

詳細はUltorex公式サイトをご覧ください。

--

--

Moonstakeウォレットを始めてお使いになる方は、先にウォレットの作成とバックアップをお願いいたします。12語の復元フレーズのバックアップの後に、新しいネットワークの追加が可能になります。

Moonstakeウォレットへ、PolygonネットワークのORBSトークンを追加する方法

トップページの+マークをクリックします。

--

--

--

--

Orbsプロジェクトより、Polygon上の主要なDEX-AMMであるQuickSwap上に新しいORBS-JPYCプールをローンチすることを発表します!

この新しいプールは、Polygon上のOrbs PoSマルチチェーン・ステーキングとともに、日本のOrbsデリゲータがPolygonネットワーク上のOrbs Proof-of-Stake メカニズムにおいて、簡単にORBSトークンを取得し、ステークする方法を提供します。

ORBSのリクイディティへのアクセスを効率化

日本語コミュニティから、日本のトークン・ホルダがより簡単にOrbsのリクイデティへアクセスできるように、というフィードバックを受け、新しいORBSリクイディティ・プールがQuickSwapに開設されました。

このプールには現在8万ドル以上(約1000万円)の流動性があり、JPYCとORBSトークン間のダイレクトなスワップが可能です。これにより、JPYCとORBSをスワップする際に異なるトークン・ペア間の「ホッピング」の必要性がなくなり、その結果、取引手数料や価格への影響を軽減することができます。

この新しいORBS-JPYCプールに加え、QuickSwapにはORBSペアのプールがあり、最大のものはORBS-USDCで、流動性はおよそ70万ドルとなっています。

QuickSwapはDefi Llamaによれば、TVL2億5000万ドルを超える、Polygonネットワークで最大のDEX-AMMです。

PolygonでのOrbsマルチチェーン・ステーキング

Orbsは先日、EthereumとPolygon上で、PoS V3: マルチチェーン・ステーキングを開始しました。その結果として、Orbsデリゲータは公式ステーキング・ウォレットTetraを使って、Polygonネットワーク上でPoSステーキングの利用が可能になりました。

--

--

by Eran Peled Orbsは先日、”Orbsとは何か?(再確認)” というブログ記事を発表し、DeFiアプリケーションの次の進化におけるレイヤー3のインフラ・プロジェクトとしてのOrbsの役割について概説しました。この目標を達成するために、Orbsアーキテクチャの重要な要素として、マルチチェーン相互運用性があります。 DeFi市場はダイナミックで進化し続ける空間であり、常に新しくエキサイティングなプロジェクトが登場しています。Orbsチームは常に新しいチャンスと可能性を求めていますので、Orbsエコシステム拡大のための次のステップを発表できることを嬉しく思います。 Cronos: よみがえる巨人 Cronos chainは、DeFi Llamaで7位、TVLで10億ドルを超える、最も急速に成長しているブロックチェーン・インフラプロジェクトの1つです。 Cronos chainはCrypto.comによってサポートされており、EthereumとCosmosの両方のエコシステムと相互運用する最初のブロックチェーン・ネットワークです。オープンソースのEVM互換チェーンで、拡張性の強化、他の主要チェーン(Cosmosやcrypto.orgチェーンなど)との相互運用性、安全なPoA(proof-of-authority、権威による証明)コンセンサス・メカニズムなどの主要指標を提供し、dAppsのスケールを可能にします。

OrbsエコシステムがCronosへ拡大
OrbsエコシステムがCronosへ拡大

by Eran Peled

Orbsは先日、Orbsとは何か?(再確認) というブログ記事を発表し、DeFiアプリケーションの次の進化におけるレイヤー3のインフラ・プロジェクトとしてのOrbsの役割について概説しました。この目標を達成するために、Orbsアーキテクチャの重要な要素として、マルチチェーン相互運用性があります。

DeFi市場はダイナミックで進化し続ける空間であり、常に新しくエキサイティングなプロジェクトが登場しています。Orbsチームは常に新しいチャンスと可能性を求めていますので、Orbsエコシステム拡大のための次のステップを発表できることを嬉しく思います。

Cronos: よみがえる巨人

Cronos chainは、DeFi Llamaで7位、TVLで10億ドルを超える、最も急速に成長しているブロックチェーン・インフラプロジェクトの1つです。

Cronos chainはCrypto.comによってサポートされており、EthereumとCosmosの両方のエコシステムと相互運用する最初のブロックチェーン・ネットワークです。オープンソースのEVM互換チェーンで、拡張性の強化、他の主要チェーン(Cosmosやcrypto.orgチェーンなど)との相互運用性、安全なPoA(proof-of-authority、権威による証明)コンセンサス・メカニズムなどの主要指標を提供し、dAppsのスケールを可能にします。

過去1年間、CronosはDeFiに大きな力を注ぎ、最近、多くのDeFiプロジェクトを引き寄せる1億ドルの助成金プログラムを発表しました。その結果、CronosはVVS FinanceMM FInanceTECTONICといった、TVLと取引量が数億に及ぶトップクラスのDeFiプロジェクトを誘致することに成功したのです。

--

--

Orbs 3.0のローンチに伴い、プロジェクトのウェブサイトをリニューアルしました!

最近リリースされたOrbs 3.0とOrbsプロジェクトで起こっているすべてのことに伴い、チームは既存のウェブサイトを大幅に見直す必要があると感じていました。

そして本日、リニューアルが完了したことをお知らせします。

新しくなったウェブサイトには、Orbsのレイヤー3技術に焦点を当てた、Orbsプロジェクトについてのすべての情報が、壮大なデザインとともに掲載されています。

明確で簡潔なウェブサイトは、コミュニティのメンバーやOrbsを初めて知る人にとって、情報やコンテンツの中心的な役割を果たすため、非常に重要となります。

ぜひ新しくなったウェブサイトをご覧ください。

https://www.orbs.com/jp/

鮮やかな色合い

新しいウェブサイトでは、今までと違った大胆な配色にお気づきになるでしょう。私たちはこれを、「サイケデリック・パステル・ミーツ・DeFi」と呼んでいます。

黒を基調としたデザインは、少し「フォーマル」すぎてDeFiの「エッセンス」にそぐわないと考えました。その結果、ちょっと不思議な、でも魅惑的なカラーパレットができあがりました。私たちもとっても気に入っています!

--

--

Orbs Japan Community News

Orbs Japan Community News

スマートコントラクトをよりスマートに。 コミュニティニュースでは、本社イスラエルより最新情報や、日本での活動を配信しています。 公式SNSはこちらよりご登録ください。http://linktr.ee/OrbsJapan